ポッコリお腹を引っ込める5つの自宅ケア!くびれウエストを手に入れる 

「ポッコリお腹が恥ずかしくて、フワッとした服しか着れない!」

「年々、お腹が出てきた気がする…」

「くびれ、どこ!?」

そんな悩みを自宅でケアできたら、いいですよね。

実はポッコリお腹を引っ込める方法は、コツさえつかめばそれほど難しくありません。

ただし、自分のポッコリお腹の原因に合わせて、正しい対策を取るのがとても大切。

今回は【ポッコリお腹を引っ込める効果絶大な自宅ケア】をご紹介します!

最後まで読んで、自分史上最高のペタンコお腹を手に入れてくださいね。

 

ポッコリお腹の原因とは?

ポッコリお腹の原因はいくつかありますが、下記の4つが代表的です。

 

<ポッコリお腹の原因>

  1. 便秘気味で腸内に老廃物が溜まっている
  2. お腹を押さえる腹筋の筋力が弱い
  3. 冷えて腸がむくんでいる
  4. お腹が出やすい食べ物を食べている

1つめは、便や老廃物が腸にたまっていて、それが出っ張っているケース。

2つめは、お腹をコルセットのように押さえる腹筋が弱いため、内臓が外側に飛び出ているケース。

3つめは、冷えて腸がむくみ、水分がたまっているケース。

4つめは、食事内容に問題があり、お腹が出やすい食べ物を多く食べているケースです。

 

あなたのポッコリお腹の原因は、どれでしょうか?

次の項目から、それぞれの原因に合わせた対策をご紹介していきますね!

 

①便秘に!お腹ポッコリ撃退マッサージ

shutterstock_141429328

「便秘を解消したくていろいろ試しているけど、まったく出ない…」

そう悩んでいるなら、少し目線を変えて【マッサージ】をがんばってみませんか?

食物繊維・乳酸菌・水分…と、便秘を解消する方法は山ほどあります。

ですが、ポッコリお腹になってしまうほど重症な便秘の場合、そもそも腸が自力で動けなくなっていることが多いのです。

まずは腸を動かすサポートを、マッサージで外側からしてあげましょう。

お腹がへこむマッサージの方法

 

  1. 両手をウエストの横に置き、わき腹をつまむようにしてモミモミモミ…と10回もみます。
  1. 小腸があるおへその左側に指の先を置き、軽い力でグリグリと押します。
  2. 大腸の始まりがあるおへその右下に指の先を置き、軽い力でグリグリと押します。
  3. そのまま時計回りに「の」の字を書くようにもんでいきます。
  4. 大腸の出口がある左下の下腹部に向かって、老廃物を流すイメージで行ってください。

もし固く感じる部分があったら、そこには老廃物がたまっています。

やさしい力で丁寧に時間をかけて、もみほぐしてあげてくださいね。

 

老廃物が移動するからポッコリお腹が引っ込む

 

このマッサージを行うと、マッサージ直後からポッコリお腹が引っ込むことがあります。

それは、ポッコリと出ていた場所にあった老廃物が、移動したからです。

毎日続けることで、老廃物がたまりにくい状態をキープできますよ。

普段から便秘気味でポッコリお腹に悩んでいる人には、まず試して欲しい自宅ケアです。

 

②腹筋強化!お腹を引っ込める効果大の自宅トレ

shutterstock_309173441

「腹筋なんて大の苦手!」

という人は、ポッコリお腹になりやすい傾向があります。

腹筋が苦手なのは、もともと腹筋が弱いからです。

腹筋が弱いと、内臓が本来の位置からずれて、前に出っ張ってしまいます。

ポッコリお腹に効く腹筋のやり方

 

腹筋が苦手な人でもできる腹筋のやり方をご紹介しましょう。

【仰向けに寝て、まっすぐ脚を伸ばし、脚を少し上げるだけ】です。

脚を上げる高さは10cm程度。

低いほど負荷が強くなりますが、できる範囲の高さで大丈夫。

後頭部に手を当てて、繰り返し起き上がったりする必要はありません。

この腹筋を行うのは、ソファに寝っ転がってテレビを見ているときでも、寝る前のベッドの上でも、いつでも構いません。

気づいたときに、脚をちょっと上げる、コレだけです。

5秒でツラくなったら、すぐにやめてOK。

苦しい思いをしなくても、繰り返し気づいたときに行っていると、不思議なことが起きます。

いつの間にか、長い時間キープできるようになっているのです!

こうなったら、もう腹筋に対する苦手意識は消えているはずです。

 

腹筋コルセットでお腹が出ない!

 

腹筋を鍛えると、ポッコリ出ていたお腹が気にならなくなります。

なぜなら、腹筋が天然のコルセットの役割をして、下腹部を押さえつけてくれるから。

押さえるものがなくて、好き勝手に出っ張り放題だった内臓が、あるべき位置にお行儀よく収まってくれます。

こうなると、多少太ったとしてもお腹が出ない状態をキープできるのです。

 

③冷えに!自宅ケアでお腹を腸から温める半身浴

 

shutterstock_618474815

「手がいつも冷たくて、触った人にビックリされる…」

そんな人のポッコリお腹は、冷えが原因の可能性大。

手足が冷えている人は、腸も冷えています。

冷えた腸は水分をためこんでむくみやすいから、お腹がポッコリ出てしまうんですね。

腸のむくみに効く半身浴

 

腸のむくみにダイレクトに効果が出やすいのは【半身浴】です。

重要なのはお湯の高さ。みぞおちあたりまで浸かるようにします。

腸のある下腹部を重点的に温めるように入浴します。

温度はぬるめに38℃程度、最低20分以上はお湯に浸かるようにします。

できれば45分〜60分、長めの半身浴ができると理想的!

半身浴しながら、最初にご紹介した『お腹ポッコリ撃退マッサージ』を行うのもおすすめです。

 

お腹が温まるとダイエット効率もUP!

 

お腹がしっかり温まると、ポッコリお腹はもちろん、全身のダイエット効果も高まります。

その理由は、体が温まるとその分、代謝がアップするから。

同じ行動をしていても、代謝が高いと消費するエネルギー量がアップします。

ポッコリお腹とダイエットを両立させたいなら、お腹を温める半身浴がオススメです。

 

④食べ物対策!お腹をペタンコに引っ込める食事

 

shutterstock_724061704

「体重は増えていないのに、日によってすごくお腹が出ている日がある…」

という人は、食べ物が原因かもしれません。

人によって、お腹が出やすい食べ物があるのです。

今日からできるお腹が出ない食べ方

 

お腹が出やすい食べ物が何なのかは、人によって違います。

多いのはこんなケースです。

  • いも類を食べるとガスがたまってお腹が出る
  • ナッツ類を食べると消化が悪くてお腹が出る
  • ごぼうなど食物繊維の多い食べ物を食べるとお腹が出る

どの食べ物にも共通して大切なのが【よく噛んで食べる】こと。

きちんと噛まずに急いで飲み込むように食べると、それだけでも食後のポッコリお腹が長引いてしまいます。

この他に【アレルギー】のある食べ物を食べると、アレルギー反応で腸がむくんでお腹が出ることがあります。

 

食べた物とポッコリお腹の関係を観察しよう!

 

「食べたものとポッコリお腹の関係なんて、意識したことがなかった!」

という人が多いかもしれませんが、観察してみると面白いほど密接に関係しています。

普段から食べたものと自分のお腹の状態を把握しておけば、ペタンコお腹を作りたいときに役立ちますね!

 

まとめ:ポッコリお腹は自宅ケアで解消できる!

 

ポッコリお腹は自宅ケアで引っ込めることが十分に可能です。

  1. 便秘
  2. 腹筋
  3. 冷え
  4. 食事

この4つがポッコリお腹に関係していることを覚えておけば、いつでも適切な対策が取れますね。

ペタンと平らで、ウエストのくびれがクッキリ出たお腹は、とっても魅力的!

ぜひ今日から自宅ケアを試してみてください。

いろいろな部位のダイエットの中でも、ポッコリお腹は効果が早く実感しやすいので、楽しんで取り組んでくださいね!

最新情報をチェックしよう!