着圧ガードル15選!補正のパワーや部位、はき心地まで丸わかり

着圧ガードルで美シルエットに!

「お腹のたるみが気になる!」
「お尻の形を良くしたい~!」
という方には、着圧ガードルがオススメです。

ガードルとは、女性の下半身用の下着。
伸縮性が高く、腰まわりにしっかりフィットして、シルエットを整えてくれます。

このガードルの補正力をもっと高めたものが、着圧ガードルなんです。
ゴム繊維の入った生地が使われているから、締め付ける力は抜群!お腹のポッコリも、たるんだお尻も、キュ~ッと引き締めますよ。

私も愛用しています。タイト気味な服を着る時に、
「ヤバい!お尻の形がモロバレしちゃう!」
な~んて時には、着圧ガードルが大活躍!人様にはちょっと見せられないヒップラインを、ググッとイイカンジに補正してくれるんです♪

ただし、着圧ガードルならなんでもいいわけではありません。ガードルって、種類によって補正の範囲が全然違うんです。
だから着用する時には、お悩みの部位やその日のファッションに合わせることが肝心!

この記事では、着圧ガードルの種類と補正範囲をご紹介します。
さらに、お悩み別のオススメ商品もピックアップ♪ベストなガードル選びに、ぜひお役立てくださいね。

着圧ガードルの分類

着圧ガードルは、「圧の強さ」「ウエスト丈」「すそ丈」で分類されています。
そこからさらに2~3種類ずつに分かれているので、合計で8種類になります。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードタイプ
ソフトタイプ
ハイウエスト
ジャストウエスト
ローウエスト
ロング
ミドル
ショート

ちょっと細かいですけど、ここ大事なポイントです。
それぞれ着用感や効果が異なっているので、しっかり確認してくださいね。

ハードタイプ

ハードタイプの着圧ガードルは、補正力の高さがポイント。強めの圧で、たるんだお肉をグイグイ押し込んでくれます。
また、体内でのめぐりを促したり、骨盤をケアしたりと、サポート力にも優れていますよ。

◆メリット◆
・シルエットをガッツリ補正できる。
・むくみや骨盤のゆがみ対策ができる。

◆デメリット◆
・締め付けが強く、脱ぎ着しにくい。(トイレの時とか…)
・長時間の着用は、辛くなることがある。

ソフトタイプ

ソフトタイプの着圧ガードルは、ハードタイプの逆。マイルドな圧でほどよく補正してくれます。
締め付け感が少なめなので、長時間の快適な着用を求める人に適しています。着圧アイテムの初心者さんにもオススメですよ。

◆メリット◆
・よく伸びるので、脱ぎ着しやすい。(トイレでもスイスイ♪)
・寝ている時にはくのもOK。

◆デメリット◆
・しっかり補正したい人には不向き。
・むくみや骨盤のケア効果を実感しにくい。

ハイウエスト

ハイウエストの着圧ガードルは、お腹まわりの補正力が抜群!
お腹をすっぽり包み込むので、ベルトの上からはみ出るお肉もしっかりカバー。ウエストラインを、キュッとほっそり整えてくれます。

◆メリット◆
・ウエストのシェイプに最適。
・お腹の冷え対策にも便利。

◆デメリット◆
・コーデが制限される。(ヘソ出しやローライズはアウト)
・脱ぎ着の時に、トップスをめくり上げることになるので面倒。

ジャストウエスト

ジャストウエストの着圧ガードルは、汎用性の高さが魅力です。
おへそのあたりまでカバー。ウエストのくびれをメイクしつつ、下腹部のポッコリも押えてくれますよ。

◆メリット◆
・脱ぎ着しやすい。
・トップスの裾からチラ見えしにくく、コーデが楽。

◆デメリット◆
・お腹上部のお肉が、ウエストからはみ出ることがある。
・お腹上部のお肉を収納しすぎると、ベルト部分からチラ見えしやすくなる。

ローウエスト

ローウエストの着圧ガードルは、丈の短さがポイントです。
Vラインの少し上までをカバーする構造です。着圧の範囲は少ないですが、その分へそ出しルックもローライズもバッチリ。幅広いコーデを楽しめますよ。

◆メリット◆
・脱ぎ着しやすい。
・ローライズでもチラ見えしにくい。

◆デメリット◆
・ウエストのハミ肉をカバーできない。
・お腹が冷えることがある。

ロング丈

ロング丈の着圧ガードルは、太ももまでしっかりカバー
ヒップから太ももにかけてのラインを、スラッと整えてくれます。内ももの隙間を作りたい人にもオススメ。

◆メリット◆
・太ももの細見せに便利。
・段差の少ないなめらかなシルエットになる。

◆デメリット◆
・コーデが制限される。(ミニスカートや短パンはアウト)
・他の丈と比べると蒸れやすい。

ミドル丈

ミドル丈は、ガードルとして最も一般的な形状。スタンダードタイプとも言われています。
カバー範囲は、股下4~6センチくらいまで。ヒップと一緒に太もも上部も引き締めます。

◆メリット◆
・脱ぎ着しやすい。
・ヒップのお肉が下に流れにくい。

◆デメリット◆
・内ももに段差ができることがある。
・裾がめくれることがある。

ショート丈

ショート丈の着圧ガードルは、腰まわりの引き締めに特化しています。
脚の付け根までの丈なので、見た目はショーツ的。サッと脱ぎ着できますよ。

◆メリット◆
・動きやすく、蒸れにくい。
・コーデの妨げになりにくい。

◆デメリット◆
・補正の範囲が少ない。
・ヒップのお肉がはみ出ることがある。

オススメ着圧ガードル15選

着圧ガードルのタイプをご紹介しましたが、商品選びはここからが本番!
いろんなメーカーからたくさん販売されているので、「こっちの着圧ガードルもいいなぁ。あっちのも効き目ありそう~!」と目移りしちゃうことが多いんです。

私もずっとそうでした。でもだからこそ、アレもコレもと商品あさりをしているうちに、「これはスゴイ!」と思える着圧ガードルにいくつも出会えたんです♪
ぜ~んぶご紹介するので、買う時の参考にどうぞ!わかりやすく、お悩み別にピックアップしておきますね。

お腹まわりを引き締めたい人

お腹まわりのお肉って、隠しづらいですよね。隠すためにダボダボのアウターを着ると、むしろ全身が太く見えてしまうという…。

こんな場合は、アウターに頼らず着圧ガードルで引き締めましょう!インナーでお肉を押さえれば、タイトな服を着こなしやすくなりますよ♪

マジカルシェリー 骨盤ショーツ

「マジカルシェリー」は、美容整骨師がプロデュースした本格派。ハイウエストでロング丈なので、お腹もヒップも太ももも、しっかり引き締めてくれます。

特にすごいのは、お腹や腰まわり。サポーター+ベルトの二段構造が、たるんだお肉をガッチリ閉じ込めます。ぶよーんとしたお腹も、見違えるほどスッキリしますよ♪
ショーツタイプだから、直ばきできるところも◎!

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややハードハイウエストロング

ワコール ウイング ハミデンヌ おなかキレイパンツ

「ハミデンヌ おなかキレイパンツ」は、その名の通りハミ肉をしっかり押さえる仕様の着圧ガードル。

「ハミデンヌテープ」がウエストのブヨブヨを、「ハラデンヌシート」が下腹部のポッコリを、徹底的にカバー。フラットな美シルエットを作ります。
クロッチ部がやわらか素材なので、直ばきもOK!

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややハードハイウエストロング

フィジカルデザイン お腹細見せ骨盤ガードル

「お腹細見せ骨盤ガードル」は、2つの機能でウエストを徹底補正してくれる着圧ガードル。

機能1:胸下までのハイウエスト!お腹まわりも腰まわりも、スッキリとしたラインに整えます。
機能2:ウエストに4本のボーンを配置。お肉をしっかりホールドして、ハミ肉を防ぎます。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストロング

ヒップラインを整えたい人

タイトなスカートやスキニーをはく機会が多い人には、こちらの着圧ガードルがオススメです。

ヒップの形を整えつつ、余分なお肉をしっかり収納。しかも下から押し上げて、高めの位置でキープしてくれます。はくだけで、美尻メイク+脚を長く見せる効果が期待できますよ♪

サンテラボ スタイルアップ スキニーフィット ガードル

「スタイルアップ スキニーフィット ガードル」は、垂れ気味ヒップをキレイに整えてくれる着圧ガードル。

お尻のポイントごとに圧を調整してあるので、全体的に引き締めつつも、ふっくら感のあるキュートな形のヒップラインに♪
生地がツルスベだから、スルッと着脱できるところも魅力です。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややソフトハイウエストロング

ワコール ラゼ 着やせグラマラス キャッチアップパンツ ガードル(ロング)

「ラゼ 着やせグラマラス キャッチアップパンツ」は、年齢の出てきたヒップをサポートする着圧ガードルです。

新発想の特許構造がスゴイ。まるで上から掴み上げるように、垂れ気味のお尻をキャッチアップ!
どこから見ても整った、自然なヒップラインをメイクしてくれますよ♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややソフトジャストウエストロング

BRADELIS MEW YORK おしりが桃ガードル

「おしりが桃ガードル」は、はくだけで最大10センチもヒップを上向きにできる、魔法みたいな着圧ガードルです。

特許取得の3Dパネルが、余分なお肉をヒップの中央に集めます。太ももに流れたお肉も引き上げるから、桃のような丸みのある、セクシーなヒップラインに♪
ボーンなしなので、ハードタイプでも締め付け感は少なめ。直ばきもできますよ。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストセミロング

骨盤ケアをしたい人

「キレイに見せるだけじゃなく、ケアもしたい」
という人には、骨盤ケアができる着圧ガードルがオススメです。

女性の骨盤は、デリケートでゆがみやすいです。そしてゆがみは、むくみや肥満の原因に!スタイルが崩れやすくなるということです。
せっかく補正下着で外側を整えても、内側から崩れていくのでは元も子もないですから。着圧ガードルでの骨盤ケアは、すごく大事ですよ~。

ワコールマタニティ シェイプマミーガードル

「シェイプマミーガードル」は、産後ママにオススメの着圧ガードル!
3段階調節のパワーリボンが、骨盤まわりをしっかりケア。たるんだお腹やヒップもなめらかに補正して、産後とは思えない美シルエットを作り出します。

ボーンがしなやかなタイプだから、締め付けが気になりにくいですよ♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややハードハイウエストロング

SARABEAUTY 骨盤ガードル お腹から太ももまでトータルメイク

「SARABEAUTY 骨盤ガードル」は、骨盤ベルトと一体化した着圧ガードル。
二重のパワーネットが腰まわりを3方向から引き締めるから、骨盤ケアをしながらヒップの補正ができるんです。

メッシュ加工でムレにくく、裾のレースがオシャレ♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストロング

Ctrilady シェイプアップショーツ

「Ctrilady シェイプアップショーツ」は、お腹まわりと腰まわりをハードに引き締めます。
ウエストラインや骨盤の形がギュ~ッと整えられるし、締め付け感で食欲も抑えることができますよ。

ホックで締め付けを調節できる点も魅力。
ショート丈だから、ミニ丈のスカートやワンピの時に特にオススメです♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストショート

全部まとめて引き締めたい人

「ウエストもヒップも太ももも、ぜ~んぶ気になる!」
という人には、全補正タイプの着圧ガードルがオススメです。
ウエスト重視やヒップ重視ではなく、全体的にバランス良く引き締めてくれるので、シルエットがスラーッとしますよ。

ワコール −5歳の着やせパンツ

「−5歳の着やせパンツ」は、加齢で崩れ気味のスタイルを、しっかり補正する着圧ガードル。

たるんだヒップを持ち上げつつ、太ももへのハミ肉を防止。お腹のポッコリは、左右から引き締めてフラットに。スリムで若々しい印象にしてくれますよ。
薄く軽い素材なので、はき心地も◎です♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ややハードジャストウエストセミロング

セシール ロングガードル スーパーハードタイプ

「ロングガードル スーパーハードタイプ」は、本気で痩せ見えしたい女性のための着圧ガードルです。

サポート力は超パワフル!はくだけで、ウエストもヒップも太ももも、数センチほどサイズダウンして見えるようになります。
それでいて、ヘム仕上げなので食い込みにくいです。さらにマチ裏が綿素材なので、直ばきもできますよ。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストロング

SPANX ハイヤーパワーショート

「ハイヤーパワーショート」は、あのSPANXの着圧ガードル。SPANXは、世界のセレブが注目している補正下着ブランドで、ハリウッド女優も多く愛用しています。

さすが一流のサポート力!お腹上部から太ももまでピタッと押さえ、余計なお肉の存在を感じさせません。
ウエストにもしっかりくびれを作るから、スリムでありながらセクシーなシルエットになりますよ♪

圧の強さウエスト丈すそ丈
ハードハイウエストロング

ソフトなはき心地を求める人

「着圧ガードルをはきたいけど、締め付けが心配…」
という人は、ソフトタイプの着圧ガードルを選びましょう。

やわらかなストレッチ素材だから、締め付け感が少なくて、脱ぎ着もしやすいです。仕事中など、長時間はいたままでいたい人にオススメですよ。
中には、着用したまま寝ることもできるくらい、ソフトな着圧ガードルもあります。

Kozzim ガードル

「Kozzim ガードル」は、はき心地の良さが魅力の着圧ガードル。
素材がレーヨンだから、サラッとやわらかな肌触り。通気性が良く、ムレも気になりにくいです。
それでいて、3D立体製法がしっかり補正して、4本のボーンが姿勢サポート。お腹から太ももにかけての、なめらかなラインを保ちます。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ソフトハイウエストロング

バブルセル お肉瞬間移動 美ショーツガードル

「お肉瞬間移動 美ショーツガードル」は、ソフトなのに補正効果が高い着圧ガードル。

六角形のメッシュ編みが、余計なお肉を細かくつまむようにキャッチ。ひとつひとつをフラットに整えるから、ハミ肉の目立ちにくい、スラッとしたラインが作られます。
よく伸びるので、どんな体型にもフィットしますよ。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ソフトジャストウエストミドル

ナイトヒーター 骨盤補正ソフトガードル

「ナイトヒーター 骨盤補正ソフトガードル」は、はいて寝るタイプの着圧ガードルです。

ほどよい着圧設計で、お腹の横肉やヒップの垂れ肉をカバー。ソフトに引き締めながら、ホッコリと温めます。
骨盤まわりはギュッとサポートするので、寝ながら骨盤ケアができますよ。
アウターに響きにくいので、日中も着用しやすいです。

圧の強さウエスト丈すそ丈
ソフトハイウエストロング

まとめ

このように着圧ガードルには、種類が色々!
それぞれ引き締めの部位も強さも全然違うので、慎重に選んでくださいね。

  • しっかり補正したい → ハード
  • お腹が気になる → ハイウエスト
  • 太ももが気になる → ロング

最低限、この3点だけでも覚えておくといいですよ。
腰まわりは、女性にとって大事な部位。着圧ガードルで、キレイに整えつつケアしてくださいね♪

最新情報をチェックしよう!